空飛ぶ捜索医療団
“ARROWS”の体制と機能

現地調査&救助チーム、医療チーム、災害救助犬、
ロジスティクス(ヘリコプター、飛行機、水陸両用車、四輪駆動車など)、メディアを中心に、自治体、病院、企業、軍関係などと連携し、
包括的支援を被災地に最適な形で提供します。

一人でも多くの方を救うため、
包括的な支援体制を構築

空飛ぶ捜索医療団
ARROWS

  • 現地調査&救助

    現地調査&救助

  • 医療

    医療

  • 救助犬

    救助犬

  • 救助犬

    ロジスティクス

  • メディア

    メディア

外部のパートナーとの連携

  • NPO/NGO

    NPO/NGO

  • 軍関係

    軍関係

  • コアな企業群

    コアな企業群

  • DMAT

    DMAT

  • 病院

    病院

  • 自治体

    自治体

災害発生時の出動イメージ

  • DAY01

    第一陣として、医療+レスキューチームがヘリや固定翼機でいち早く現地へ。

    第一陣として、医療+レスキューチームが
    ヘリや固定翼機でいち早く現地へ。

  • DAY02

    中長期の活動に備え、船舶を含む本体を派遣します。

    中長期の活動に備え、船舶を含む本体を派遣します。

メンバー

  • 稲葉 基高

    医師

    稲葉 基高

    プロジェクトリーダー。国内外で多数の災害医療支援経験を持つ。救急科専門医、外科指導医、消化器外科指導医、集中治療専門医、社会医学系指導医、統括DMAT等の資格を活かし、現場の目線を大切にした活動を心掛けている。

    出動実績:西日本豪雨災害、台風15号、台風19号、長崎クルーズ船コロナ対応、令和2年7月豪雨災害 等

  • 佐々木 康介

    看護師・保健師

    佐々木 康介

    専門は災害・救急看護。現在、大学院で「災害急性期に活動する医療チームに求められる役割」について研究中。災害出動時には、急性期であっても現場を俯瞰的に捉え、必要な支援とは何かを考えながら活動している。

    出動実績:台風15号、台風19号、長崎クルーズ船コロナ対応、令和2年7月豪雨災害

  • 竹内 雅人

    レスキュー隊

    竹内 雅人

    2013年からレスキューチームに参加を開始し、2017年に正式に入職。現在、国内事業部所属。国内外の出動、訓練参加を経験しているのが強み。レスキュー隊員の他、地方創生事業として観光施設の管理運営業務を行う。

    出動実績:熊本地震、西日本豪雨災害、フィリピン台風、台風19号、長崎クルーズ船コロナ対応、令和2年7月豪雨災害

  • 田邊 圭

    小隊長

    田邊 圭

    レスキュー隊員。東京農業大学卒。2014年からピースウィンズ・ジャパンでレスキュー隊員のほか、国内事業に携わる。2015年ネパール地震への出動のほか、熊本地震、九州北部豪雨などの過去15回、国内外での災害出動経験あり。

    出動実績:フィリピン台風、ネパール地震、台湾台風、熊本地震、西日本豪雨災害、台風15号、台風19号、長崎クルーズ船コロナ対応、令和2年7月豪雨災害 等

  • 町 浩一郎

    広報

    町 浩一郎

    大学を卒業後、都内の民間企業でITエンジニアとして従事。その後、シンガポールに渡り約9年間、民間企業で現地責任者として勤務。日本帰国後にピースウィンズ・ジャパンに入職。現在はコミュニケーション部東京事務所マネージャー。

    出動実績:西日本豪雨、台風15号、長崎クルーズ船 等

数字で知る空飛ぶ捜索医療団

  • 累計出動回数
    (前身の3団体における
    個別の活動も含む)

    55

    累計出動回数
  • 対策本部設置からの
    平均現地到着時間
    (移動中の宿泊時間含む)

    平均8.5時間

    累計出動回数
  • 保有機材数
    (ヘリ3機、水陸両用車2台、船1隻、
    災害出動可能な車13台、ユニック1台)

    合計20機材

    累計出動回数

2020年9月14日現在

救助をバックアップする資機材や救助犬

  • ヘリコプター

  • 固定翼機

  • 水陸両用車

  • 船舶「いぶき」

  • 船外機付ボート

  • ハイエース

  • トレーラー

  • ユニック

  • 医療機器(モニタ付き除細動器)

  • 医療機器(自動心臓マッサージシステム)

  • ドローンG2

  • 救助犬

CONTACT

お問い合わせ

お問い合わせフォーム