2022.04.22

  • お知らせ

災害時、ペットの備えは何が必要?

情報がたくさん出ている中、さて実際はどういうことなんだろう?と思われている方も多いと思います。いざという時の備えには、前もって愛犬を慣れさせておいた方がよいものもあります。

空飛ぶ捜索医療団JOURNAL #2「災害発生時、あなたは愛犬と一緒に避難できますか?」から、愛犬のための最低限の防災の備えについてご紹介します。

●ペット用品何を持っていく?

・クレートまたはケージ、小型犬であればキャリーバッグなど

ハードでなくていいですが、犬が入り慣れていて落ち着ける場所であるもの。普段からクレートに入り、落ち着いていられるトレーニングが必要ですね。

・最低3日分のフード
最初の3日目まで様々な支援が届かないことがあります。普段食べているものを用意しましょう。手作り食を上げている場合、緊急時にドライフードも食べられるようにしておくことが大事です。特に療法食を食べている子は、支援で手に入らないこともあるのでしっかり用意しましょう。

・常用している薬
・登録鑑札と狂犬病注射済票、ワクチン証明書

ワクチン証明書は写メでもいいのであると良いです。

・迷子札、マイクロチップ
ペットが災害に驚いて逃げ出してしまった場合のために、連絡先などの情報を記載して日頃から装着しておきましょう。

・水
水は避難所でもすぐに配布されるので、大量に持っていく必要はありません。重さで逃げられないことにもつながるので、持てる範囲で良いかと思います。

ジャーナルでは、他にも「ペットの「同行避難」と「同伴避難」とは?」「自宅にペットを残していくリスク」「命を守るために」を掲載しています。万が一の備えとして、是非参考にご覧ください。https://arrows.red/journal/20201005/

【本プロジェクトのスポンサーについて】
このオンライン講座は、「体にフィットする魔法のビーズソファYogibo(ヨギボー)」の日本総代理店である株式会社ウェブシャーク(所在地:大阪府大阪市、代表取締役:木村誠司)が提供する「TANZAQ」プロジェクトがスポンサーとなり実施されます。

同プロジェクトは、Yogiboが社会課題の解決に取り組む団体のスポンサーとなり「持続可能な社会課題の解決をともに目指す」ものです。
◆Yogibo Social Good:https://bit.ly/3nyVefb
※クーポンコード「ARRW」を入力して購入すると、ARROWSに売り上げの5%が広告費として支払われます。

最近の記事一覧

CONTACT

お問い合わせ

お問い合わせフォーム

講演・セミナー等のご相談

お問い合わせフォーム