ウクライナ危機による避難民支援(2022年3月〜)

2022年2月24日朝(日本時間正午前)にロシアはウクライナに対して軍事作戦に乗り出すことを発表し、ウクライナへの軍事侵攻が開始されました。
それにより、約4200万人がウクライナから国外に避難し、3月5日の時点で約153万人。その半数を超える約89万人がポーランドに入りました。侵攻が続けば難民は最大400万人まで増えるとの予測もあり今世紀最大の人道危機となっています。

これまで空飛ぶ捜索医療団”ARROWS”は、3月から隣国モルドバに医療チームを派遣し、調査・医療支援を実施してきました。
医療支援は、避難所に開設した仮設診療所で行い、ウクライナ避難民に対して、診療・治療・薬剤の処方を行ってきました。

osakatent

<モルドバへ医療チームの派遣を決定>
空飛ぶ捜索医療団”ARROWS”は、医師1名、看護師1名、調整員1名をウクライナの隣国モルドバへ派遣します。
3月29日には隣国モルドバに向け出動し、現地で既に活動しているピースウィンズのスタッフと合流、ウクライナ国内及び近隣国への医療面における支援調査を行いました。

 

osakatent

<仮設診療所でウクライナ避難民への診療を継続>
4月7日よりモルドバ保健省から医療行為の許可を受け、仮設診療所(medical point)を開設し、診療を開始している。訪れる患者さんたちは、命からがらウクライナからモルドバへ避難してきた方々が多くいらっしゃいます。医師の稲葉は、「家族を殺された、家が爆撃されたというお話を聞いて、なんと声をかけたら良いかわからない。自分の浅さを感じる」と話しています。私たちに出来ることは限られているかもしれませんが、これからも避難民の方々に寄り添い、出来ることを精一杯続けていきます。

 

osakatent
仮設診療所で、問診や処置等を行っている北川看護師からのレポートが現地から届きました。
レポートはこちらから:【ウクライナ危機】異国の地で感じた限界〜ウクライナ避難民への医療支援〜

 

osakatent
仮設診療所を開設し、医師と看護師が避難民の方々への診察や処置等の医療支援を行っていました。現地で診療を行なっていた稲葉医師からのレポートをお届けします。
レポートはこちらから:【ウクライナ危機】戦地から逃れてきた避難民に寄り添う医療者の想い

 

この記事をシェアする

CONTACT

お問い合わせ

お問い合わせフォーム

講演・セミナー等のご相談

お問い合わせフォーム